コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (12)

    • アキ
    • 2017年 6月 03日

    私と彼が22年ぶりに再会したのは彼の40歳の誕生日でした。ちなみに、私の誕生日は彼とちょうど1週間前でした。なんか、鳥肌が立ちました。

    • かよぴん
    • 2017年 6月 03日

    初めてコメントします。
    私と彼の出逢いは私が18の時、彼が22の時でした。間も無く遠距離になり、しばらくは付き合いは続いていましたが、突然訪れた別れ、私は毎日生きてるのか死んでるのかわからない状態で過ごしました。時はたち、お互いに別の人と結婚し、5年前、わたしの父が亡くなって数日後の私が39の時に再会し、今に至ります。この5年間も、天国と地獄を味わいながら、過ごしています。
    このみずほさんのサイトを見つけてからは、他のツイン系のサイトには意識が向かない程、私の人生のバイブルになっています。

    • nonney
    • 2017年 6月 03日

    みずほさん、こんばんは。
    その後お加減の方いかがでしょうか。

    お相手の方と出会った頃の年齢平均は41歳。そうですね、お互いに一定の過去が出来上がっている年頃ですよね。でも適齢期に出会っていたとしてもおそらくその年代ではきっと何も気づかずに通り過ごしていたことと思います。
     ツインレイはとにかく激しい、振り回される、そんな感じがいたします。相手に伴う感情が時に急上昇、時に急降下と激しく動くので、その魂の動きに体と心が引きずられるみたいになります。そのようなお相手と出会ってから、苦しいながらも毎日を過ごしているうちに、私はツインフレームと思われる方とも出会いました。ツインフレームはとにかく穏やか、波長が合う、肌が合う、感性が合う、懐かしい家族のような方々です。ツインレイと思われる方に出会っただけでびっくりしっぱなしの私の前に、どうしてツインフレームまで現れるのか混乱しておりましたが、最近思うのです。ツインレイのような人と突然出会って一人で大変な私を助けてくれるために私の前に現れてくれたのではと。。事実家族でもないのに本当に親身になってくれました。
    ツインレイと思われる方はツインフレームの方とは異なり、私とは趣味趣向は全く異なり、おそらく私が右を選べば、彼は迷わず左へ突っ走っていきそうなタイプです。そんな二人なのに、なぜでしょう遠くにいても心臓のあたりにある磁石が反応して、自分の意思を通り越してぴったりとくっついてしまうようです。はじめてお会いした時には頭頂部から自分の魂が抜け出て彼の方へ飛んでいきそうになり、勿論そんな経験はないのですがわからないながらも必死に足に力を入れ体から魂が出ないようにしておりました。
    ハートチャクラからは導管のようなものが開かれているイメージがあります。筒抜け、とはこのことでしょうか。見てもいないことをお相手の方が話されていたり、時々実在を伴わず私の前に現れます。鏡の中の自分が彼に見えてはっとすることもあります。以前おでこに大きな吹き出物が出来たときは、お相手の額にも同じものが出来ておりました。
    彼は私以上に色々なものが見えたり感じたりできていると思います。それで、先ほどのツインフレームのお話ですが、なぜかそのような存在を感じて激しく嫉妬されるのです。厄介だなぁと思いながらも、お互い同じことをしているのかなとも思います。
    でも以前よりは感情の振れ幅も少なくなり、少しずついろんな面を見せ合って統合に向かっているのだと思います。統合とは、一気にこれが統合です、となるものではなく徐々になるものなのかもしれませんね。
     最近お相手の方を直接見ていると、なんだか不思議と水の中にいるみたいな鏡の中に入ってしまったみたいな(目の前の情景が鏡に映っているものみたいに見える)不思議な空間に行ってしまいます。地球の次元上昇のこともいわれておりますが、事実世界は軽くなっておりますね。体は同じ場所にはいないのですが、最近は自分の居場所が桃源郷のように感じます。だから苦しんでいるのが過去のようにも感じます。

    • jasmine
    • 2017年 6月 03日

    本当に、その通りです。
    のたうちまわるような苦しみに、
    何度死んだほうがマシかと思ったか。

    『あなたの子供は生まれる前から

    ツインレイの道を歩む
    あなたの命を守る役割を請け負っています

    あなたを必ず生かして愛に導くために
    存在してくれているのです』

    『ツインレイの統合は
    あなたの子供を苦しめたりしません

    それはあなたにとって
    相手が真実のパートナーであることを

    誰よりも理解しているからです』

    この部分が特に心に響きました。

    やっぱりそうだったのね
    って、なんだか納得しちゃったり。笑
    親バカですが、ウチの子供達みんなとってもいい子で、
    わたしのことを「わかってるな」と感じるからです。

    みずほさん、今月セッションでお会いできること、
    心より楽しみにしております。

    • Fuji
    • 2017年 6月 03日

    昨日、夢で久しぶりにレイが登場!その夢で私たちは、幼いたくさんの子供たちに囲まれてどうやら子供たちのお世話をしているようでした。
    私は、子どもと関わることがミッションであるのは色々な観点から分かっていて、そろそろ真面目に考えないとと最近思っていたところです。それはそれとして、みずほさんのおっしゃる通りです!実体験として、それは誠であります。(ちなみに私とレイは、一か月近いで同じ年、なのに何故かホロスコープがほとんど同じです!)

    • maia
    • 2017年 6月 03日

    いつもあたたかいメッセージをありがとうございます。

    彼と出逢ったのは43歳の時、お互い既婚、子供は双方2人いる状況での衝撃的な出逢いでした。
    何か見えない導きがあったとしか思えない出逢いの奇跡とその後の予想もしない人生の激変に戸惑いながら流れに逆らうことも出来ず、それまでの日常を生きることすら辛くなり、何度死を覚悟したかわかりません。
    5年余り経った今もその状況は変わりませんが、なんとか耐え抜いてここまで生きてこれたのは、紛れもなく子供達の存在があったからです。
    下の子に関して言えば不思議なことに、母親である私の運命的出逢いですらもすんなりと理解してくれています。
    私を守るため、この愛を貫く手助けをするために生まれてきてくれたことをひしひしと感じています。

    みずほさんのブログに辿り着いた今、メッセージのすべてが魂に染み込んできます。
    生きることを放棄したくなった時に何度助けられたかわからず、本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
    今回の記事を読ませていただいて、あらためて彼との関係性に確信を持ちました。
    まだまだ先が見えない状況ですが、決して諦めず愛を貫きたいと思います。

    • トミー
    • 2017年 6月 04日

    先程、たまたま、みずほ先生のプロフィールを拝見していて、改めて、自分には、どこまでも雲の上の方に感じておりました。
    しかし、人に応じた、試練がやっぱりあるんですね、、、

    自分は、フレームの時、かなり特殊な状況で、相手の家族のことで、狂いました。
    でも、だからこそ今の試練があることに、感謝し、生き抜いていきたいと思います。
    ありがとうございます。

    • nonney
    • 2017年 6月 04日

    先ほどの自分の書いたコメントから思い出してしまいました。
    ツインフレームと思われる方と初めてお会いした時、血のつながった家族にしか思えませんでした。何度か接しているうちに、過去性において私の息子であったときの映像が頭の中に蘇ったのです。事実彼は常にそして最後の時も、何かあったらいつでも連絡をください。と私のことを気遣ってくれ、とても誠実でそして聡明な方でした。
    もう一方は子供がおりその子供たちが愛らしく自分の子でもないのにただただその子たちが幸せであるよう祈っていたら、そのツインフレームと思える方とも繋がってしまったのです。その方や子供たちからは同じ故郷からやってきたようなつながりを感じております。そして孤独の深さが同じように感じております。

    • Key
    • 2017年 6月 04日

    なるほど、年齢というのも要素としてあるのですね。
    もちろん、絶対ではないのでしょうが。
    私の場合、23歳で会って、今33歳です。
    相手も1つ歳下なだけです。
    というよりまずそもそも、最近しばしば、その相手はツインレイではなくツインフレームなのではないかと思ったりもしています。
    定かなことはなんとも言えませんが、ガイド的な力の働きや、このプログラムを司っている(と少なくとも私はそう思っている)女神による介在などを考えると、ツインレイであれツインフレームであれ何であれ、その角度からしか見えない景色を見て胸に刻みながらどこかへ進んで行くより他にないのだと感じています。
    そして、どうも私は、このプログラムそのものについて知る必要があるような気もしています。

    • あやの
    • 2017年 6月 04日

    初めてコメントさせていただきます。
    私が44彼が34で出会い、彼はすぐに結婚して子どもがいます。
    私は引きちられるほどの苦しみを味わい、まだ独身です。
    もう子どもは産めませんし、あれから4年がたちましたが状況は変わりません。。というか、音信不通てす。
    最近はツインソウル情報を追わなくなりました。
    これからどうなるか分かりませんが、一切を手放して、自分の使命を果たすために今を一生懸命生きる、ただそれだけ。

    ツインだろうとそうじゃなかろうと彼を愛し続けます。
    そして、彼の大切な子どもが自ら設定してきた人生を逞しく生きていくことを心から願っています。私にとっても、彼の子どもの存在が意味を持っていると思うので。今はそれだけ。。

    • me
    • 2017年 6月 05日

    私には子供はいないけど、色々な形で愛に導く力を感じます。
    相手の命と同等であること…自分がいなくても大丈夫でしょう?という感じ方が中々変わらないのですが、それでも相手の言動を通して私の命も大事なんだと学んでいる途中です。
    暑い日も多くなって来たので、どうぞご自愛くださいね。

    • soul
    • 2017年 6月 05日

    こんにちは、みずほ様。数ヵ月前から引き込まれるようにして記事拝見してきました。どの記事もとてもとても共感致します。子供…。私も、レイとの係わりでも重要な役割があり、死を確かに食い止めてくれました。
    今まで拝見してきたツインblogはどれもピンとこなかったりしたので。救われました。ありがとうございます。
    分離期間のレイが大多数の中、男性レイの分離中の体験や気持ちは女性レイにとって大変知りたいことのひとつです。詳しく記事にて拝見したいです。
    お忙しくなりお身体、大切になさってください。


※コメントはスパム防止のため、入力されたメールアドレスの最初の投稿のみ承認制となっています
すぐに反映されない場合がありますのでご了承ください

  1. 002 (2)
    ひさしぶりの雨下がり 梅雨の空模様を歓ぶ …
  2. shutterstock_209998048
    ツインレイに出逢い プログラムが動き始めた日か…
  3. love-spiritually-360x300
    ✥ 海外記事からの翻訳 Twin Flame Fore…
  4. IMG_1384
    ツインレイの世界はリアルか それともノンリアル…
  5. 026

    2017/6/17

    【Diary】夏至
    乾いた空に梅雨の花 ツインの道の心模様みた…
  6. summer-solstice
    2017年6月21日の前後10日間 宇宙の光が…
  7. 702a
    2017年9月24日(日)~25日(月) 2日10名様限定 …
  8. lightworker12
    "ライトワーカー的な仕事がしたい" という話を…
  9. sandra
    すべてのツインレイは 無条件の愛の到達を目指し…
  10. Single-beautiful-g
    ✥ 海外記事からの翻訳 Twin Flame Fore…

Comment

Push7で更新情報のWebプッシュ通知